株式投資で含み損を膨らませない方法


株式投資で含み損とは評価損(ひょうかぞん)ともいいます。どういった状態かといえば、決済
されていないポジションの確定されていない損失のことをいいます。



適切な損切りラインを設定せずに、相場に入ってしまうと評価損が大きくなった場合は、適切
な損切りが実行できないことによって、評価損をひたすら拡大することになります。



やっかいなのは損失を確定するのを先延ばしにしてしまうことです。決済されていないことで
トレンドが転換すれば株価がもとにもどることを期待してしまいます。そうなると、さらに保有
し続けてしまうことで、さらに損益を膨らますことになります。



しかし、その後も、相場が思惑通りに動くことはなく、最終的には相当下がったところで損切
りすることになります。最悪の場合、退場することになってしまいます。



自分の判断が間違っていたことを認めることはつらいことかもしれませんが、株式投資は相場
を予想することではなく、相場で利益をあげることを目的に行ないます。



ですので、思惑が外れた場合は、速やかに評価損が少ない状態で損切りを実行すべきです。
思惑が外れた場合のこともあらかじめ想定してから売買に臨むべきだと思います。



早い段階で損切りができれば、損失もその分少なく済みますのであらたに出直すことが容易
にできます。しかし、意地を張ってそのまま保有し続けてしまうということは、単純に損切を先
延ばしにしてしまうことになりますので注意しなければなりません。



例えば、10万円で買った株が、9万円まで下がってしまった時に損切すれば、損失は1万円
ですみます。ここで、損切を見送ってしまうと、8万円、7万円まで下落すると、さらに心理的
に追い詰められてしまうことによって、余計に損切りすることができなくなります。



また、「8万5千円に戻ったらすぐに売る」「業績が良いからその内必ず大きく上がる」といった
思いが脳裏を過ぎり、迷いから適切な投資判断を下せなくなります。



注意しなければならないのは、今現在のように実体経済が最悪の状況にあるときに株価が
上昇し続けることです。早い段階で大きく下落することになります。



すでに、パニック慣れしているので、投資家も、これまで以上に過敏に反応することになる
と思います。このような状況下で、損切りを見送ってしまいますと、大きな痛となります。
迷わずに済むように、事前にしっかりとした売買ルールを設定すべきです。







スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資 株価 相場

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo