スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







コンビニエンスストア売上高を投資に役立てる



株式投資に役立つ情報を入手する上でコンビニエンスストア(以下コンビニ)は本当に重宝します。


知人でマーケティングを担当されている方はいわく、日本人の多くはコンビニの利用度が高いので、
コンビニで何が売れているのかをチェックすれば大抵のことは分るのだそうです。

株式投資これだけはやってはいけない



こうしたコンビニの動向を調べることで景気の先行きが読めます。


ですので、コンビニエンスストア売上高はしっかりとチェックすべきです。


実際にコンビニエンスストア売上高は日本フランチャイズチェーン協会から毎月発表されてます。


上述したように若者をはじめ、コンビニの利用度は非常に高いです。


このため百貨店やスーパーが厳しい状況に追い込まれています。

個人投資の最終兵器CFDバイブル



すでに、コンビニの大手12社の売上高は百貨店に肩を並べるまでに成長しているので、コンビは、
小売業の中でも突出した存在です。やはり、小回りがきく点が優れていますね。


何といってもコンビには24時間営業のさきがけ的存在です。


独自のフランチャイズ方式でチェーン展開を繰り広げています。


徹底したマーケティング戦略を駆使しているので、集客が望めないところでは開業できないのでコン
ビニがある場所の近くで商売されるとあるていどの集客が望めるといわれています。

お金の殖やし方・守り方



この指標から将来的な景気を測るだけではなく、業界トップのセブンイレブンと後続の企業の差を
四季報などでチェックした上で、同業界の銘柄の株を購入するのも良いでしょう。



<日本フランチャイズチェーン協会>

http://jfa.jfa-fc.or.jp/









スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : コンビニエンスストア 売上高 ファンダメンタルズ分析

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。