スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







移動平均線で相場の状況をはかる


株データの中でも移動平均線は最も信頼のおけるテクニカル指標の
一つとされています。一般的に移動平均線はチャートにロウソク足と
一緒に表示されていますので相場の動きを理解しやすいです。



ちなみに移動平均線の求め方についてですが、一定期間の終値から
平均値をもとめた上でその値を結びますので、短期、中期、長期の動
きを把握することができるのです。



例えば、移動平均線の中で短期の動きをはかるために用いられるの
が「5日移動平均」です。これは直近の5日間の平均をもとめます。



移動平均線の利点はローソク足よりも相場全体の動きを把握しやす
い点です。理由としては過去の終値から平均値をつないでいるだけ
の単純なもののため、理解しやすい点があげられます。



なので、移動平均線の場合は高値や安値を特に気にする必要がない
ので使い慣れていない方でも混乱せず用いることができます。



そして、移動平均線は各期間に合わせて短期、中期、長期の株価の
変動を反映することができるのですが、これらを用いることでより正確
な動きを把握することができます。



ですので、短期である銘柄を売買する場合であっても、5日移動平均
線、75日移動平均線など期間を分けて相場の動きを分析することに
よってより分析の制度を高めることができます。



また、移動平均線は投資家の心理をも分かりやすく反映する指標と
されており、株価が移動平均線を下回っている状態は、直近の相場
は損失をだされた投資家が多い状態を示します。



反対に株価が移動平均線が上回っている状況は直近の相場は利益
を出された投資家が多いと判断することができます。







スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 移動平均線

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。