スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







低位株へ投資するデメリットとは?



実際に今現在、東証一部に上場している低位株と称されている銘柄の多くが一日の取引量が多いこと
から、株価が良く動くので短期売買に向いているといわれています。

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる



しかし、だからといって、低位株であればなんでも良いのかといえば決してそんなことはありません。
やはり、いくら大きく動くからといっても倒産寸前の銘柄に投資するのは避けなければならないでしょう。


実際に、こうした倒産寸前の銘柄だけを意識的に狙って売買している投資家の方もいらっしゃいます。
しかし、こうした博打相場は個人的にはあまりおススメできません。


いわゆる大口と 称されているまとまった動きに翻弄されやすいからです。 また、情報操作も凄まじく、
国内だけではなく、海外の機関投資家も 参入してくる場合があります。

2年7カ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法



ですので、こうなると一般の個人投資家ではとうてい対抗することはできません。 特に有名な企業で
もない株の流動性が高い場合は、上述したように大口の動きには十分注意する必要があります。


面白いように株価が連日のように上昇し、ランキングなどにも登場しだし、一気に注目を集めると、今ま
での上げはいったいなんだったのだろう?と思えるほど容赦なく下落します。


こうした事態をさけるためにも、普段から評判のよくない企業や、 銘柄への投資は控えるべきでしょう。

株式投資これだけはやってはいけない








スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 低位株 デメリット

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。