スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







GDPギャップで分かることとは?


国の経済の健全性を測るための指標にGDP(国内総生産)があります。GDPを見ればその国の経済
の状態を把握することができます。基本的にGDPでその国の経済がどれだけ成長したかを見ます。


もちろん、これだけで全てが分かるわけではありません。


本来であればさらに成長できたにもかかわらず、何らかの要因が働き成長を妨げている場合など
指標化することができません。そこでGDPギャップから調べます。


GDPギャップは、その国の本来備わっている潜在能力とGDPの差を数値化した指標です。


GDPギャップによって景気を違う面で測ることができます。


GDPギャップの差が広がると今現在の日本のようにデフレが進み不況感が広がります。


不況になれば企業側は受注が減るので生産量が落ちるため設備投資しなくなります。


仕事量が減り、設備への当にお金が回らなくなると、さらに需要が縮小することとなりますので、
雇用も連動する形で悪化し、企業は生き残りをかけてリストラを行います。


反対に景気が上向くと、需要が拡大するので仕事量も増えます。


そうなると必然的に増産するために設備と雇用を拡大させる動きが活発化します。


GDPだけでは把握しきれない景気動向をGDPギャップで簡単に調べることができます。


政府筋からGDPが発表されるときにはGDPギャップにも注目したほうが良いでしょう。


日本の場合は、GDPギャップが30~40兆円あるといわれています。


40兆円もの需要が不足していることなので、この分を刺激する政策が必要です。

-------------------------------------------------------------------------------------
「PR」 エステ脱毛の口コミ情報最前線!人気のエステ脱毛はここ!
-------------------------------------------------------------------------------------







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : GDPギャップ

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。