スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







生きた企業データを入手する方法


今現在、企業自ら不正業務を隠蔽したりと、投資家の心理を大きく
悪化させるような出来事が頻繁におこっています。



カリスマ経営者として、経団連にまで名を連ねた企業が、一瞬にし
て廃業に追い込まれてしまう時代には信用がより問われます。



今回は、会社四季報や決算書にはのっていない生の企業データ
を入手する方法について簡単に解説させて頂きます。



企業データから、会社を診断することにより会社の実像がはっきり
することから、その銘柄を買うかどうかの決心がつきます。



株式専門誌や雑誌、証券会社のレポートには専門家の見解が詳細
に述べてありますので自分自身で調べ、理解したことと比べてみる
ことにより理解がさらに深まります。



直接経営者の話を聞くことが出来る会社説明会に参加もおすすめ
です。紙の上で知ったこととは違うものがみえてきます。



実際に経営者の人となりや、事業に関するヴィジョンを聞くだけでも
充分投資する上での参考になります。



例えば、壇上で説明している時に、ハッキリとものが言えない経営
者の会社には投資したいとは思いません。


もちろん経営者だけではありません。


態度が悪く、いい加減そうな社員の多い会社もNGです。


逆に経営者すばらしい事業に関する話や、説明会の会場を取り仕切
る社員の対応がよければ確信がもてることにもなります。


これらも生きた企業データとなります。







スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

株式相場は常に思惑が外れる理由

依然として金融不安が続いているため、株式市場は大きく低迷
していることから株式投資を始められる方が減っているようです。



株式投資をはじめるきっかけとして大きいのは、やはり雑誌や、
関連した書籍類を読むことだと思います。



内容的には、やはりデイトレードや、デイトレードまではいかな
くても短期売買を繰り返すことで短期的に大きな利益をあげる
ことを目的としたものが多く見受けられます。



本や、雑誌などでは、簡単そうに思えるのですが、実際に相場
にて短期売買で利益を上げるには、それ相当なスキルが必要
とされ、また、リスクも高いです。



そして、上昇基調にあることが前提となっております。もっとも、
空売りであれば下降基調にあっても利益をあげられますが、
初心者には相当厳しいです。



月20%以上の利益をあげることができれば、1年で資産が倍増
となるわけですが首尾よく銘柄を乗り換えることができれば問題
ないわけですが、実際の勝率はかなり低く抑えられます。



ですので、書籍などにあおられることなく、株式投資を初めて
から、上下のトレンドがどのようなものか実際に体験するまで
は、トレード経験をひたすら積む必要があります。



銘柄分析、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析も、重要
ですが、最初からはうまく行きません。



思惑は、常に外れるものだというくらいの気持ちで、最低限、
利益と、損切りのポイントを事前に明確にしてから相場に入
り、売買経験を積み重ねていただければと思います。


【ツールが凄い】 楽天証券で株式投資をはじめる!



※株式投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。

特定の銘柄へ投資する前に必ず各機関から発表される
正式な開示情報をご確認ください。 文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんのでご了承ください。







テーマ : ■超初心者の株式入門■
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 銘柄分析 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。