スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







有効求人倍率で経済情勢を読む方法


今現在、急速に景気が悪化しているため、雇用情勢が深刻な状態にあります。今回
は有効求人倍率について簡単ではございますが解説させていただきます。



とは、職を探している人、1人当たりに対して、どれくらい求人があるか
を示す指標です。この数字が1以上の場合は、労働力が不足して、働き手をほしがっ
ている事を示し、また、1以下の場合は労働力が有り余っている状態を示します。



当然のことながらこの数値が少ないほど、職を求めている求職者にとっては職を得る
のが難しい状態を表します。そして、残念ながらこの数値が必ずしも正確に求人状態
を示す物であるかというと必ずしもそうではありません。



この倍率はあくまでも、求職と、求人がうまくかみあっているかを判断する為の指標に
なります。有効求人倍率の有効とは一体なんでしょうか?



これは、ハローワークで登録した求職や求人の「有効期間」に基づく統計だという事を
意味します。有効期間中の求人数を求職者数で割ることで倍率を求めるのです。



そして、前月から繰り返された求人と求職に、その月の新規登録分を加えて計算しま
す。しかし、新規の分だけのデータが「新規求人倍率」で、労働市場の一番濃い状態
を把握出来る指標で、有効求人倍率は全国のハローワークに限定されたデータです。



そして、ハローワークを通さず、雑誌や、新聞の求人広告をみて就職する人や、新卒
者は含まれていません。ですので、繰り返しになりますが、有効求人倍率はあくまで
も求人・求職の流れを把握する指標になります。



<有効求人倍率を調べるには>

厚生労働省ホームページ「統計調査結果」
http://www.mhlw.go.jp/


<発表時期>

(速報値)調査月の翌月末から翌々月の初め
          
(確報値)調査月の翌月中旬


<発表する機関>

厚生労働省職業安定局(職業安定業務統計)


<統計期間>   

  毎 月







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。