スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株式投資は従業員的思考では儲からない


基本的に株式投資を一つの事業と捉える考え方と、投資ではなく単純にギャンブルと捉える向きと二つ
の極端な考え方に分かれます。 前者の投資活動を事業と捉えるのであれば、経営と同じです。


マーケット状態を確認して商品やサービスを投入したり売り上げに応じて事業を拡大する、資金繰りを
管理するといったことは、相場を読む、銘柄を分析するエントリーし、頃合いをい計らって利益を確定
する自己資金を管理する。 といった両者の一連の動きは似ている部分が多いです。


事業を行う上でリスクを避けることはできません。リスクを軽減させるために、しっかりとした戦略をたて
た上で積極的な営業活動を行っていきます。 一方投資家は、リスクを抑えるために徹底して相場の
動きを分析して、株価の動きから瞬時に判断します。


事業も、ある程度の段階に入ってきますと、投資といったほうがふさわしい場合も少なくありません。
事業や企業買収などまさに投資そのものです。事業でも株式 投資でも、リスクを十分認識した上で、
いかにリスクを抑えるかということが問われることとなります。


事業の規模や投資する規模が大きければ大きいほどリスクが必然的に大きくなりますので、その時々
で対応も異なります。 ですので、いかにリスクとうまく付き合うことができるかが大切です。


特に株式投資の場合はなおさらのこと重要です。 得られる結果が大きく異なります。そのためにも、
株データをはじめとしたファンダメンタルズ、 テクニカル分析は大変有効だと思います。







スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。