スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







日銀短観で景況感をざっくり計る


今回は日銀短観についておさらいさせていただきたいと思います。基本的に日銀短観は日本銀行
によって3ヶ月おきに企業経営者にたいしてアンケート形式で色々な聞き取り調査を行って、
まとめたものをレポートとして発表したものです。



そして、中でも重要度が高い業況判断DIは、景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」
と答えた割合を引いた企業の経営者による景況感をダイレクトにしめす指標となっています。



先行きの景気動向や企業業績を見通す上で最も重要な経済指標の一つです。それ以外にも設備
投資計画や在庫水準、雇用、資金繰りなど項目別・業種別に判断できます。



日銀短観は、その年の収益見通しについても聞き取り調査を行っています。このため将来的な
景気予測を立てることに役立ちますので無視できない指標の一つです。



調査から発表されるまで若干のタイムラグがあります。10年前と今現在では比較にならないほど
スピーディーに様々なことが展開しています。これは経済にもあてはまります。



ですので、あくまでも参考程度にとどめておく必要があります。毎年のように爆弾のような問題
が浮上します。特に夏から秋にかけて多いのでこれから気が抜けません。







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資 日銀短観

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。