スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株データから人間心理を読む方法



株式市場に投資する以上、仮にどんなに投資に関する能力を高めたとしても、
短期的に負ける確率をゼロにすることはできません。



株式相場を動かす要因として実に様々なものがありますので、一人の人間の経験
や直感では到底これらを網羅しきれません。



また、システムトレードのように、過去の株式市場におけるデータを徹底的に
調べつくすことによって構築された制度の高いシステムであったとしても、
負ける確率をゼロにすることはできません。



「何だ、株のデータなんか所詮やくにたたないのか?」



と、多くの方は思われるかも知れませんが、そうではなく、データはあくまでも
株式市場、銘柄の方向性を探るものです。



株式市場を動かす要因として人間心理があります。人間は群れをなす習性を持って
おり、無意識か意識的かは別として、自然と周りと同じ行動を取ろうとします。



ですので、他の投資家が買うと買いたくなり、みんながこぞって売ると売りたく
なるという行動にかられます。



こうした動きの背景には単純に株価が上がれば買いたくなり、また、反対に下がって
いれば売りたくなるということがあります。



上述したことが極端に同じ方向に進もうとする結果、相場は行き過ぎることとなり、
高騰、暴落することとなります。



ですので、株データを調べる際には必ず、人間の心理がどう動くかも予め想定しな
がら行なう必要があります。







スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : システムトレード 株式投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。