スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







M&A銘柄を取引するポイントについて


世界経済が大きく後退することとなり、一度沈静化に向ったと思われていた金融危機が再び浮上しよう
としている中で、企業は経営統合や資本提携などで生き残りをかけて必死です。


そうした状況下で今後は業界再編の一環としてM&Aが再び活発化することが予想されています。今回
はM&Aについて誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。


基本的にM&Aは企業の合併や買収を意味します。企業買収は数年前活発化してM&Aは流行語にも
なりましたが、M&Aの手法の一つとしてTOBがあります。日本でも日常的に行われています。


企業を買収する目的は国内外で企業間同士の競争力を高めるために行われます。国内の企業同士の
M&Aだけでなく国際的な規模でM&Aが行われるようになりました。


従来は企業のトップ同士が会談して行われるのが一般的だったのですが、近年では企業と銀行との
株式の持ち合い解消によって行われるケースが増えています。時代とともに様相が変化します。


また、最近では外資系ファンドによる敵対買収も増えたため、こうした敵対買収から身を守るために同業
の企業同士が合併するケースも少なからずあります。基本的にM&Aは市場では好感されます。


企業が何の前触れもなくM&Aを発表するケースは少なく、M&Aを発表する前にM&Aをにおわせる動き
が見られる場合は多いので、そうした情報を入手したならば先回りして投資するのも一つの手です。







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : M&A

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。