スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







小売業、4カ月連続マイナス

 


本日29日、経済産業省から2月の商業販売統計(速報)が発表されました。


 


発表された指標によりますと、小売業は暖冬による灯油需要の減少や小型車
の売り上げ落ち込んだだめ、前年同月比0.20%減の9兆8550億円となりました。


 


これにより、4カ月連続でマイナスとなったもようです。


 


また、卸売業は米国向けの自動車や半導体など電子部品が好調だったため、
4.2%増の35兆9340億円となりました。


 


一方、商業全体では3.2%増の45兆7880億円となりました。


 


この結果、卸売業と商業全体はともに33カ月連続プラスとなったとされています。 


 


暖冬の影響で深刻な被害を受けた業種も多いとされています。


 


春の訪れとともに何とか明るい方向へ向かうことを期待します。


 





※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合も、利用者 の損害に
つきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください

株式投資が分かる株データ活用入門トップへ







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。