スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







米経済インフレ懸念つづく



ウォールストリート・ジャーナル電子版は2、複数の米連邦準備理事会(FRB)
関係者の話と前置きし、米国のインフレ低下の実現について言及しています。



それによりますと、今現在、エネルギー価格の上昇、ドル安、失業率が予想に
反し上昇しないことなど、さまざまな障害があると指摘しております。



ウォールストリート・ジャーナル紙は、来週開催されます連邦公開市場委員会
(FOMC)では、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準は5.25%に
据え置かれる見通しと報じております。



また、最近の指標では若干の低下傾向がみられるものの、FOMCではインフレ
が最大の懸念との考えがあらためて示される、としている。



ウォールストリート・ジャーナル紙によりますと、FRB関係者は最新のインフレ
指標の内容に満足しているとしております。



今年3月のコア個人消費支出(PCE)価格指数は、前月比は変わらず、前年比
ではプラス2.1%となったもようです。



大半のFRB関係者が判断する上で好ましいとされるインフレ率は2%、もしく
は、それ以下だと述べています。
 

しかし、FRBはインフレ率を押し上げる複数のリスクがあるとみている。



最大の懸念は、成長の鈍化にもかかわらず失業率が依然として低下を続けている
ことだとし、ウォールストリート・ジャーナル紙は、その他にもエネルギー価格
や米ドルの上昇も懸念材料と報じております。



また、米ドルは主要通貨バスケットに対し、年初来で2%下落しております。



<以下の記事より引用>


(ロイター)

『米FRB関係者、「一段のインフレ低下には障害がある」=WSJ』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000253-reu-bus_all







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。