スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







GDPギャップ連続プラス



内閣府が発表した今週の指標の個人リポートの中で、GDPギャップは改善
傾向にあるとの見解を示していることが明らかになったもようです。



大内泰弘参事官によりますと、1─3月期のGDPギャップはプラス0.7%と、
10─12月期のプラス0.5%と比較して、プラス幅が拡大したとされております。



GDPギャップのプラスは、これにより2四半期連続となりました。



この結果、2四半期連続のプラスは1996年10─12月期から97年1─3月期
以来とされております。



また、ロイターの記事では内閣府は1─3月期の潜在成長率を年率プラス1.4%
として、GDPギャップを算出したとされております。



ちなみに、GDPギャップはプラスなら需要が過剰な状態にあると判断され、
物価が上昇しやすい状況にあることが明確化されるため、今後のデフレ脱却
を占う上でも市場の注目が高い指標であるといわれております。

         



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合も、利用者 の損害に
つきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください

株初心者が儲ける為の株データ投資入門トップへ











コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。