スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







機械受注統計の仕組みと特徴について


株式投資を行う上で、政府筋から機械受注統計を無視することはできません。機械受注統計の
数値の増減から、景気の先行きを読み取ることが出来るからです。



そして、製造業が今後どのような状態に移行するかということも、ある程度、この指標から
判断することができます。また、機械受注統計の数字がよければ、市場経済の状態が良い
ことを示しますので、市場の雰囲気はより活気に満ち溢れます。



各企業の設備投資が積極的に行われていることが背景としてあるわけですので、機械受注統計
の数値がよければ当然のことながら企業の事業関しても大きく影響します。



もっとも、機械受注統計の数値が前回発表よりも大きく伸びていたからといって、すぐに各企業
の経営状態に反映されるわけではないので注意しなければなりません。



いくら機械受注統計の数値が良くても、直接的には企業の経営状態に反映されることはないから
です。ですので、機械受注統計の数値が上がったからといって、すぐに目をつけていた銘柄に
投資するということは控えるべきです。とくにこういうご時世ですから慎重にすべきです。



上述したことから、機械受注統計は各経済指標の水先案内人のような役割を果たす重要な指標
であることがお分かりいただけたかと思います。機械受注を調べる場合は、以下のサイトか
ら調べることができます。



<機械受注統計を調べるには?>


内閣府経済社会総合研究所「統計情報サイト」

http://www.esri.cao.go.jp



<発表時期>


(実 績)     

毎月10日前後に前々月分が発表されます。
 
 
(見通し)    

四半期(3月、6月、9月、12月)


(統計期間)  

毎 月









テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 機械受注統計 株式投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。