スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







NYダウとS&P500の指標としての役割


今回は、金融不安の発祥地である米国株式市場の指数であるNY
ダウとS&P500種指数について簡単に解説さえていただきます。



NYダウ、もしくはダウ平均とよばれる『ニューヨークダウ工業株30
種平均株価』これは、アメリカを代表する30社の株価を平均した
もので、米国株式市場を大ざっぱに把握するのに適してます。



採用されている30社は、産業構造や業績によって随時見直され、
定期的に入れ替えが行われています。実際のこの指数の考案者
はダウジョーンズ社のチャールズダウという人です。



そして、ウォールストリートジャーナル紙に工業株12銘柄の平均
株価を発表したのがそもそもの始まりとされています。ちなみに
現在と同じ30銘柄になったのは、1928年のことです。



当初は単純な平均値でしたが、データの連続性をもたらす為に、
チャールズダウ自らによってダウ式修正法が考案されました。


そして、日本の日経平均株価も同じ計算方法を採用しています。


そして実際にNYダウは株式相場全体の動きを半年ほど先取りする
といわれています。こうしたことからアメリカの投資家はその動向か
ら大まかに今後の動きを予想します。



しかし、注意しなければならないのは、この指標は、しょせん単純
平均した指数なので、特定銘柄の動きに引っ張られることが少な
くありません。また、数値が乱降下する傾向があります。



もう一方の、S&P500種指数はスタンダード・アンド・プアーズ社が
アメリカの代表的な企業500社を選び、その株価から時価総額の
加重平均方式で算出する指数です。



NYダウが、大まかな市場の動きを反映するデーターであるのに対
してS&P500は個別の500業種に対応したより厳密なデータなの
でアメリカの機関投資家は、常に自分の運用実績と比べます。



 <どこで調べる?>

 ヤフーファイナンス



 <ニューヨークダウ平均株価>

(調査方法)ダウ式平均
          
 米国ダウ・ジョーンス
 


 <S&P>

(調査方法)時価総額加重平均方式
          
 米国スタンダード・アンド・プアーズ式
 

(発表時期)取引日に随時更新








テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。