スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







GDPギャップで景気動向を探る方法


世界各国の生産能力を測るための指標としてGDP(国内総生産)が
あります。GDPでその国の経済成長がわかるわけです。



しかし、GDPだけですと本来であればもっと成長できるにも関わらず、
何らかの要因が重なって成長を妨げている場合などを指標化するこ
とができないので、GDPギャップという指標を用います。



GDPギャップは文字通り、その国の潜在的な潜在能力とGDPの差を
数値化することで、景気を違う面ではかることができます。



GDPギャップの差が広がる状況とは具体的にどういう状況かといいま
すと、不況感が広がることによって生じやすくなります。



理由としては、不況におちいれば企業側は受注がへりますので、必然
的に生産量が落ちるため設備投資にお金がまわりません。



仕事量が減っている状況で設備にお金が回らないわけですから、当然
雇用面でも同様に悪化することとなりリストラが活発化します。



そして、反対に景気が上昇に向かうことによって、仕事量も増えるので
必然的に増産するために設備と雇用を拡大します。



こうした、GDPだけでは決してうかがい知ることができない景気の度合
をGDPギャップで量ることができるのです。



ですので、必ず政府筋からGDPが発表される時にはGDPギャップにも
注目する必要があります。そうすることで確かなものになるのです。



しかし、今現在、金融不安によって。世界中の株式市場をはじめ為替、
債券、不動産といった金融市場が大きく揺れ動いております。



そして、自動車産業をはじめとした製造業が苦しい状況にあるだけに、
GDPギャップの数値に対する注目度は高まります。







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資 テクニカル分析

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。