スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







材料に振り回されないための方法


株式市場での材料とは、株式市場に上場している企業に関する色々
な情報のことをさします。良い材料が発表されることによって実際に
株を買うことを後押しするケースも少なくありません。


たとえば、「Aという製薬会社が新薬を開発した」


「BとCという企業が共同である事業を立ち上げた」


「業績見通しを上方修正(また下方修正)した」



上述したようなことが、株式市場では連日発表されます。通常、株式
市場におきましては、上述したような情報を受けて、株価は上がった
り下がったりといったことを繰り返しております。



しかし、株式市場の七不思議というか、株式投資をやる上で面白い点
としてあげられるのが、必ずしも良い材料が発表されたからといって、
株価が上がるわけではないということです。



そして、反対に悪い材料が発表されたからといって株価が下がるとは
限らないのです。残念ながら好材料も悪材料も株価に織り込まれて
しまえば株式市場では反応しなくなります。



ですので、好材料、悪材料が発表されたからといってすぐに飛び乗る
のではなく、その企業の株価の動きを確認した上でトレンドが、どのよ
うな状態にあるのを見極めることが大切です。



ヤフーファイナンスや、取引口座を開いている証券会社でも、随時、
投資関連ニュースを更新していますので確認すべきです。



また、RSSを利用することで、世界中の投資関連のニュースを取得
することもできますので、興味がある方は是非試してみてください。







テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。