スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







単純に株を売買する為の指標について

大引足はチャートを終値だけを点で表し、点と点を線で結んでいく非常に簡素なチャート
であることが特徴です。 大引足は別名、とめ足、ほし足、折れ線グラフとも言います。



大引足は大引値だけを採用することから月足など基本単位とする期間が長い場合に用
いることには向いておりません。また、日足の場合におきましては、そのシンプルさから
自分の売買に直結しやすいことから重宝されています。



一般にテクニカル分析においたあれこれ色々な指標を用いても、特に威力を発揮する
ことができない大きな要因としてあげられるているのが、あまりにも売買サインのみに
固執することがあげられています。やはりほどほどにすべきです。



実際に、こうしたを行うために必要とされる指標はあくまでも目安であり、売買
サインを測るだけのために開発・設計されたわけではありません。



また、投資家によっては断片的なシグナルを探すことに執着し、複雑なチャートパターン
を好まれる傾向にある方も少なくありません。しかし、もし、本当に彼らが望むようなもの
が存在した場合、市場そのものが成立しないのではないでしょうか?



やはり、相場において上手に投資活動を行なっている方ほどシンプルに売買をしていま
すので、できるだけシンプルに投資することを心がけるべきだと思います。







テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。