スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







スクリーニングで銘柄選定する方法


株式投資で多くの方が銘柄選択で悩まれていると思います。株式投資に関する著書は無数に
存在しますが、その基準は千差万別なので、初心者の方は迷われることでしょう。



基本的に投資家によって、それぞれ銘柄選定の基準は異なりますが、やはり銘柄を選定する
基準としては以下の通りになるのではないかと思います。


■市場での材料や話題性を重視する


■企業業績や財務内容を重視する


■企業の成長性を重視する


■株価の動きそのものを重視する


■何も考えず雑誌の推奨銘柄を買う



そして、普段の生活で感じたことなどいわゆる街角景気から投資する銘柄を絞利込む方も少な
くありません。かえって正しい投資判断ができる場合もあるようです。



上述した中で、個人的な思惑や推測などの要素が含まれずに純粋に企業をデータで量るのは
株価の変動と企業の業績および財務内容や成長性といったポイントです。



この場合、証券会社から提供されているスクリーニングのプログラムを利用することで条件を
設定すれば条件にあった銘柄が自動的に抽出されます。株価の値動きをテクニカル分析で
測る投資家の方は単純に移動平均線乖離率やRSIなどの指標で条件を設定します。



一方、企業業績や財務内容などのファンダメンタルズ分析で銘柄を測る投資家の方はPREや
PBR、配当利回りなどを、条件として設定することで銘柄を抽出します。



テクニカル、ファンダメンタルズの両方の条件を設定する事もできます。これまで大きく下落して
きた株式市場ですが、お宝銘柄が割安で放置されている可能性が高いです。



ぜひ、スクリーニング機能を使って雑誌や四季報を眺めているだけでは、決して探しだすことが
できないご自身の基準にあった優良銘柄を探し出してください。







テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資 会社四季報 テクニカル分析

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。