スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ローソク足でチャート分析の基本


株データの中でテクニカル分析を行なう上で株価チャートを見ずに
行うことはできません。基本中の基本となっています。



ですので、今回は株価チャートの基本について誠に簡単ではござい
ますが、解説させて頂きたいと思います。



意外に思われるかもしれませんが、株価チャートの種類は実に豊富
で日中足、日足、週足、月足とよばれるローソク足チャートだけでも
多岐に渡っているので非常に奥が深いのです。



実際に、チャート分析を行なう上で基本となる週足チャートで相場の
動きを見る場合も、3ヶ月、1年、3年間の推移を見た場合では大きく
変化している場合も少なくありません。



こうした場合、始めて株価チャートを見た個人投資家の方が実際に
投資判断を下すのは非常に難しいと思います。



基本的な見方はあるのですがチャートの利用の仕方は人それぞれ
ことなりますので、チャート分析に関する書籍どおりの動きを見せた
としても、同じように株価が推移するわけではありません。



なので、あくまでも目安として相場の動きを捉えた上で万が一思惑
が外れてしまった場合は、その時どういった形で対応するかといっ
たことを事前に想定した上で相場に入ります。



また、株価チャート利用の仕方は中長期で投資するのか、それとも
短期売買で取引するのかによって大きく異なります。



もし、中長期で投資するのであれば週足チャートでこれまでの株価
の動きからトレンドを確認します。



その上で実際に投資判断を下すのですが、その際に月足などでさら
に細かく相場の状態(天井、底、横ばい)を確認されることにより、精度
をあげて分析することをお勧めします。







テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析  機械受注統計 株価 日経平均株価 バランスシート 投資信託 投資家 GDP 投資 損益計算書 指標 消費者物価指数 株価指数 S&P500 銘柄分析 米国株式市場 相場 日銀 債券 景気動向 システムトレード 低位株 日本応援株ファンド ネット証券 国債 日銀短観 各業界 節電対策 コンビニエンスストア GDPギャップ デメリット ビジネスチャンス コンビニエンスストア売上高 M&A 営業利益 企業業績 移動平均線 売上高 米ドル 完全失業率 個人向け社債 会社四季報 ウォールストリートジャーナル ニューヨークダウ 企業物価指数 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。